良い落しどころとは

交通事故がきっかけで生活が大きく変わるケースは珍しくありません。もし自分が事故に遭い、身体の機能に異常が出た場合は、今後の生活のためにも、慰謝料を出来る限り多く請求しましょう。慰謝料を用意するのは加害者側の保険会社で、個人で慰謝料の増額を要求するのは非常に困難です。そのため弁護士を雇い入れて、こちらに有利な条件を提示した上で、適正価格まで増額を目指して交渉を行ってもらいます。

弁護士による交渉なら、自分で準備するよりもスムーズに交渉を進められるでしょう。事故を起こした直後に事故現場を写真撮影しておくなど、出来る限り多くの証拠を残しておけば、交渉は有利に進むかもしれません。交渉がスムーズに進めば、そのまま医者量は増額されますが、加害者側が不服を申し立てた場合、裁判を起こしてでも増額を目指すことが出来ます。こちらに有利な条件であれば、そのまま裁判に入っても、勝訴すれば裁判の費用を請求することも出来、多くの慰謝料を得られます。

裁判まで発展すると、決着がつくまでかなりの手間と時間がかかります。そこまでして慰謝料をもらうほど怪我が重いわけでもないなら、多少譲歩してお互いが納得できる落しどころを提案するのも一つの手です。加害者側も裁判にまでは発展させたくないと、裁判になる前に増額を受け入れることも多いので、慰謝料増額は裁判が必須と考える必要もありません。

有利な点を探す

交通事故に遭い、怪我などの被害が発生したときは、加害者側から慰謝料を受け取ることが出来る可能性が在ります。怪我の度合いや事故の過失など、様々な要素を踏まえたうえで、加害者側の保険会社が慰謝料の金額を提案してくれますが、それを真に受けるのは危険です。このときの慰謝料は相場よりも低く設定されていることが殆どなので、しっかり受け取れるだけの額を指定してもらうよう、こちらも速めに弁護士に連絡を入れて、慰謝料の増額交渉をお願いしましょう。

慰謝料を増額できるかどうかは、現在被害者が置かれている状況や、加害者の非がどれだけあるかが重要な判断材料となります。基本的に怪我などの被害が大きければ大きいほど、受け取れる慰謝料は増えるので、身体に不調があればどんどん報告してください。また事故現場からこちらが有利になる証拠が見つかるかもしれないので、事故を起こしたらすぐに警察に電話し、現場を保存しましょう。怪我が重くないなら、現場を動かさずに写真撮影しておくなど、証拠を集めるのも有効です。

交通事故の慰謝料増額は、被害者側にとって有利な条件が増えれば増えるほど狙いやすくなります。弁護士に連絡したこちらの地盤を出来る限り固めることができれば、相場以上の慰謝料も狙えるかもしれません。事故の怪我は後遺症を残す可能性もあるので、治療に時間がかかりそうと感じたら、極力今後の生活の助けになるように、可能な限り慰謝料を請求するようにしてください。

参照資料【交通事故の慰謝料・弁護士への無料相談なら弁護士法人アディーレ法律事務所
交通事故による被害の慰謝料増額のサポートを行っています。

交通事故後のために

いきなり車に轢かれる等、交通事故に遭う可能性は誰もが持ち合わせています。被害者側に立った場合、まず怪我がないかどうか調べることが重要ですが、ある程度余裕があるなら、交通事故後について考えましょう。治療が必要な怪我を負ったり、手元の財産が壊れるなどした場合、加害者側に慰謝料を請求することができます。加害者側も保険会社を介して慰謝料の提案を行うでしょうが、ここは弁護士に相談して、可能な限り慰謝料の増額を目指しましょう。

慰謝料の支払額は、加害者側の保険会社や弁護士との話し合いで決定されます。場合によっては裁判に発展することもありますが、お互いの非がはっきりしていて、命に別状なども見られない場合については、比較的穏便に解決することが多いです。弁護士を呼ぶのは交渉が進まないことを想定してのもので、ひどい場合は加害者側がこちらの責任問題に結び付けようとすることもあるので、そうした場合は徹底して講義しましょう。

交通事故の慰謝料増額については、やはり弁護士の説得が必要不可欠です。元々弁護士につながりがある方なら、すぐにでも弁護士を呼ぶことも出来るでしょうが、そうしたつながりがない方は、法テラスや交通事故相談所など、法律トラブルや交通事故のトラブルの解決を支援してくれる団体などを活用しましょう。また保険会社によっては、特約で弁護士を派遣してくれるプランを用意している自動車保険を提供しているので、そちらの利用もオススメです。