交通事故後のために

いきなり車に轢かれる等、交通事故に遭う可能性は誰もが持ち合わせています。被害者側に立った場合、まず怪我がないかどうか調べることが重要ですが、ある程度余裕があるなら、交通事故後について考えましょう。治療が必要な怪我を負ったり、手元の財産が壊れるなどした場合、加害者側に慰謝料を請求することができます。加害者側も保険会社を介して慰謝料の提案を行うでしょうが、ここは弁護士に相談して、可能な限り慰謝料の増額を目指しましょう。

慰謝料の支払額は、加害者側の保険会社や弁護士との話し合いで決定されます。場合によっては裁判に発展することもありますが、お互いの非がはっきりしていて、命に別状なども見られない場合については、比較的穏便に解決することが多いです。弁護士を呼ぶのは交渉が進まないことを想定してのもので、ひどい場合は加害者側がこちらの責任問題に結び付けようとすることもあるので、そうした場合は徹底して講義しましょう。

交通事故の慰謝料増額については、やはり弁護士の説得が必要不可欠です。元々弁護士につながりがある方なら、すぐにでも弁護士を呼ぶことも出来るでしょうが、そうしたつながりがない方は、法テラスや交通事故相談所など、法律トラブルや交通事故のトラブルの解決を支援してくれる団体などを活用しましょう。また保険会社によっては、特約で弁護士を派遣してくれるプランを用意している自動車保険を提供しているので、そちらの利用もオススメです。