有利な点を探す

交通事故に遭い、怪我などの被害が発生したときは、加害者側から慰謝料を受け取ることが出来る可能性が在ります。怪我の度合いや事故の過失など、様々な要素を踏まえたうえで、加害者側の保険会社が慰謝料の金額を提案してくれますが、それを真に受けるのは危険です。このときの慰謝料は相場よりも低く設定されていることが殆どなので、しっかり受け取れるだけの額を指定してもらうよう、こちらも速めに弁護士に連絡を入れて、慰謝料の増額交渉をお願いしましょう。

慰謝料を増額できるかどうかは、現在被害者が置かれている状況や、加害者の非がどれだけあるかが重要な判断材料となります。基本的に怪我などの被害が大きければ大きいほど、受け取れる慰謝料は増えるので、身体に不調があればどんどん報告してください。また事故現場からこちらが有利になる証拠が見つかるかもしれないので、事故を起こしたらすぐに警察に電話し、現場を保存しましょう。怪我が重くないなら、現場を動かさずに写真撮影しておくなど、証拠を集めるのも有効です。

交通事故の慰謝料増額は、被害者側にとって有利な条件が増えれば増えるほど狙いやすくなります。弁護士に連絡したこちらの地盤を出来る限り固めることができれば、相場以上の慰謝料も狙えるかもしれません。事故の怪我は後遺症を残す可能性もあるので、治療に時間がかかりそうと感じたら、極力今後の生活の助けになるように、可能な限り慰謝料を請求するようにしてください。

参照資料【交通事故の慰謝料・弁護士への無料相談なら弁護士法人アディーレ法律事務所
交通事故による被害の慰謝料増額のサポートを行っています。