良い落しどころとは

交通事故がきっかけで生活が大きく変わるケースは珍しくありません。もし自分が事故に遭い、身体の機能に異常が出た場合は、今後の生活のためにも、慰謝料を出来る限り多く請求しましょう。慰謝料を用意するのは加害者側の保険会社で、個人で慰謝料の増額を要求するのは非常に困難です。そのため弁護士を雇い入れて、こちらに有利な条件を提示した上で、適正価格まで増額を目指して交渉を行ってもらいます。

弁護士による交渉なら、自分で準備するよりもスムーズに交渉を進められるでしょう。事故を起こした直後に事故現場を写真撮影しておくなど、出来る限り多くの証拠を残しておけば、交渉は有利に進むかもしれません。交渉がスムーズに進めば、そのまま医者量は増額されますが、加害者側が不服を申し立てた場合、裁判を起こしてでも増額を目指すことが出来ます。こちらに有利な条件であれば、そのまま裁判に入っても、勝訴すれば裁判の費用を請求することも出来、多くの慰謝料を得られます。

裁判まで発展すると、決着がつくまでかなりの手間と時間がかかります。そこまでして慰謝料をもらうほど怪我が重いわけでもないなら、多少譲歩してお互いが納得できる落しどころを提案するのも一つの手です。加害者側も裁判にまでは発展させたくないと、裁判になる前に増額を受け入れることも多いので、慰謝料増額は裁判が必須と考える必要もありません。